古事記・日本書紀・和名抄など、数多くの書物にたびたび登場するこの橘樹(川崎)の歴史に、少しでも興味を持っていただければ幸いです。
有馬療養温泉旅館ホームページTOPへ霊光泉のご紹介有馬療養温泉旅館 宿泊のご案内有馬療養温泉旅館で日帰り温泉のご案内交通のご案内旅館周辺の施設や観光のご案内有馬療養温泉旅館へお問合せ


創業当時の旅館2階からの風景
 川崎の歴史は古い、中でも宮前・高津・中原一帯は、いにしえから橘樹(たちばな)と呼ばれる地域で、この橘樹という地名も大変古く、日本書紀の安閑天皇元年(西暦534年)条に、国造の地位をめぐる争いの中で立花の地名が記述されている程です。橘・立花・橘花・橘樹と長い時間の中でその形を変えながらも、昭和12年の市との合併に至るまで、1500年ものあいだその地名は使われてきました。

創業当時の旅館外観



 川崎市域には旧石器時代(1万2千年以前)の遺跡や縄文弥生からの遺跡も広く分布し、いにしえの中心地である天平の昔に創建された野川影向寺や旅館裏山の西明寺旧跡、有間山長善寺橘樹神社など、多くの旧跡や古社寺に囲まれています。このすばらしい歴史を持つ川崎を少しでも知って頂けたら幸いです。川崎に残る文化財は川崎市教育委員会文化財課のページでも紹介されています。





 八幡宮横に建つ史跡は、野川影向寺 重要文化財保存会 調査委員会 石心斎氏より頂いた巻物の内容をご紹介する物となっております。聖武天皇の勅願寺であり、関東屈指の古刹として知られる『野川影向寺』創建の歴史調査と、川崎市教育委員会による影向寺発掘調査によって新たに出土した品々等から判明いたしました、霊光泉の1360年余りにわたる歴史が書かれております。

 永年に亘る影向寺の時代背景の調査によれば、この地より湧き出る泉は医療用として、我が国最古の歴史を有する物であり、影向寺と共に歩んできた事が立証されました。

現在の春日神社 最初の泉の発見は、大化三年十二月、役小角と言う行者によるもので(武州有馬不動尊霊験記、有馬の旧家で屋号を影取と言う、故内田仁平氏蔵)丁度影向寺の創建時代に当ります。聖武天皇の天平十三年には、勅願時としての影向寺が存在しますが、天平十年六月五日、天皇の御子 阿部内親王(後の孝謙天皇)の御病気が治るよう、中原区宮内の春日宮に祈祷された(春日山常楽寺略縁起)時にこの泉で治療されました。平癒された天皇はお礼にこの地に一ヶ寺を建てられました。寺号を龍宿山不動院西明寺と言います。以后歴代天皇の御病気を治療された事が「天皇療養の為有馬御行」と記されて居ります。また源頼義、義家、頼朝、北条時頼等、多くの武将達が療養されて居ります。

現在の小杉西明寺 (龍宿山金剛院西明寺)
 天安二年西明寺は慈覚大師円仁により影向寺の末寺となり、文安年間現在の中原区小杉に移るまでここは西明寺の境内でした。西明寺は各地の影向寺末寺数ヶ寺を合併して小杉に大寺を建立したのですが、その中に中原区木月に不動明王を御本尊とする金剛院がありその為に有馬に不動尊及その御堂を残してゆきました。これが今日この有馬にある不動様で、現在西明寺の院号を金剛院と言うのもこの時に改められた物です。

下有馬不動堂(龍宿山不動院西明寺の旧跡)
 不動堂や行水の瀧は時代と共に変り、当時の面影をわずかに残すばかりで金色に輝く霊泉も正嘉元年八月の大地震の時以来湧き出なくなったようですが、昭和四十年になって泉源が発見されました。ここ有馬療養温泉がそれであります。これは国のしるところとなり、時の厚生大臣園田直氏自ら度々当霊泉に入浴され、その薬功の偉大なる事を知り、「霊光泉」 と命名され、皇后陛下に献上されたようであります。館内に建つ碑がその記念碑であります。

 
 今日なを金色の膜を張る霊光泉が湧き出して我々に真実を語っております。またこの岡を「龍宿山」と呼び、なをかつて「影取」と言う龍にまつわる伝説の沼もあり、この地の古さと歴史の重さを今に示して居ります。

西明寺霊泉の古代滝口に立つ不動明王像
        国重文  野川 影向寺 
    重要文化財保存会  調査委員会 石心斎 職


 有馬西明寺は、万病に効能をもつ有馬不動の霊泉・誠の水にちなんで歴史の裏面史にしばしば登場する。現在下有馬の地にある不動堂は、有馬西明寺の旧跡とされ、静寂とした境内崖下の霊泉(誠の水)滝口には、今でも不動明王像が座する。



武蔵の極 影向寺史武蔵の極 影向寺史

 影向寺創建の謎と武蔵国の歴史を知る為にはかかせない本です。霊泉の歴史が影向寺史の中にも記載されています。(1階休憩室内に各資料や影向寺史が置いてあります)

また、国立国会図書館日本地名研究所にも武蔵の極・影向寺史があります、関東の歴史に興味のある方は是非ご一読下さいませ。

 著者 亀ヶ谷利男  発行 影向寺史刊行会  印刷 文昭堂印刷株式会社
  武蔵の極・影向寺史発刊にあたって    あとがき
 (記載にあたり故亀ヶ谷利男様のご家族にご許可を頂いております)

各古文書や史料・影向寺史等から見る霊光泉や、現有馬のある武蔵国橘樹郡及び有馬療養温泉旅館の歴史
紀元前一世紀 武蔵国名の由来乃春日宮創建 (東京大学教授 亀井貫一郎先生講義著書より)

 神武天皇海の彼方より、中臣氏の祖雨種子命、大伴氏の祖道臣命等を従へ、常陸国鹿島に上陸、附近の蝦夷を平定、出雲国に向ふ途中、5里毎の主要地点に、春日社(祭神はタケミカズチ命、斉王命、天兒屋根命、比売神)を建立す、御尊体は赤童子也。橘樹に置ける此の宮は、現宮内の春日神社是也。

 神武天皇即位二年に、此の地を胸刺改め武蔵と称し、国造(中臣氏祖)縣主(大伴氏祖)を置く。
崇神天皇七年 崇神天皇武蔵国に天社(春日宮)・神戸の制を定む 
(亀井貫一郎先生の講演・東京大学史料編纂所の資料による)

 此所武蔵国春日宮を天社と定め、又此所を神地と定む、各所に神戸(かんべ)を置く。
大戸、坂戸、登戸など今に地名に残る。神名地は上小田中に伝ふ。
垂仁天皇末期 田道間守、勅を奉じ常世の国に非時香菓を求め武蔵国立花(橘)の地に来る。
(記紀・国史年表古代地図物産・東京大学史料編纂所資料・和名類聚抄・常陸国風土紀などからの考察)

 天皇の神仙思想によって命を受けた多遅摩毛理(田道間守「日本書紀」)が、常世の国(東海の果ての日出ずる国)当時は最温暖期以降の微高性地帯であった旧胸刺(武蔵)の陸に実りし非時香菓(みかん)を献上された。橘の地名の由来については諸説があるようだが、是により非時香菓は橘(たちばな)と呼ばれるようになったといわれる。是即ち橘 地名 及び 橘姓の始めである。

 後の10世紀頃まで、武蔵国・相模国の古代産業として、橘があった事が各資料よりわかっています。また、天平13年に創建されたといわれる武蔵国分寺(国指定史跡)からは、「橘」と陰刻印などの入った瓦が多数出土しています。その他にも、万葉集では浦島太郎が行った竜宮城は常世と記されていて、神奈川区には今も浦島寺があり、浦島太郎のゆかりの品々や伝説等が残されております。
景行天皇三十年  川崎市高津区子母口の立花神社(現橘樹神社)は弟橘媛・倭建命(日本武尊)の二神が祀られており、富士見台古墳が出来たとの説がある景行天皇三十年の後に拝殿として作られたといわれている。
534年
安閑天皇元年
閏12月
日本書紀に国造の地位争いで武蔵国橘花が登場する。(日本書紀巻十八)

 日本書紀内・安閑天皇元年に武蔵国橘花が国造の地位をめぐる争いで登場する。
この記述より文献上において武蔵国橘花の名は、実に1500年にも及ぶ長い間使われてきた事が分かる。
538年
(安閑天皇十年)
現影向寺域に御堂の建立、仏像が安置される。 (武蔵国橘樹郡史正傅影向寺縁起)

梁の人持参せる仏像を、橘氏を以って武蔵国橘花橘陵に御堂を建立安置せしむ。
647年十二月
(大化3年)
役小角が霊泉源を発見 (武州有馬不動尊霊験記

 役小角が仏教弘道の目的で武蔵国と相模国に訪れる。橘花の地にも現れ、玉川の川原丘陵に薬師堂を建立、野川・在馬龍宿山・轟(現 等々力)に不動尊安置、在馬(有馬)龍宿山に霊泉(誠の水)の滝口を見つけ、お堂を建立し不動明王を安置する。是が後の有馬西明寺となる。

 ※日本地名研究所の資料などによると、現在の有馬は過去に在馬・有間・在間・有間村などと記載され時代によりその名を変えていったたようである。現在もなお、東有馬の地に浄土真宗東本願寺派 有間山 長善寺(1591年創建)があり、有間山の山号碑文が刻まれている。(参照 新編武蔵風土起稿巻・川崎地名辞典)
738年
(天平10年)
安部内親王(豌豆瘡)霊泉にて全快する。 (春日山常楽寺略縁起)

 安部内親王(聖武天皇の娘)は豌豆瘡(天然痘)にかかるが天社春日明神への祈祷と有馬不動霊泉沐浴、服用の効験があらかたで全快する。

 霊泉は汲み置いて一定の時間を経ると、表面に黄金色の膜を張る状態になるところから「黄金の水」とも呼ばれて、霊水のまかれた場所は金色に輝いて見えたとの記載がある。この記録より当時から霊光泉は黄金の膜を張る霊泉であったと思われる。
740年
(天平12年)
安部内親王の病気平癒の報謝により、有馬竜宿山に西明寺を建立。
(宮内常楽寺略縁起・胎内銘文・町誌・宮内庁書陵部蔵九絛家文書)
有馬療養温泉旅館と有馬西明寺周辺図
 橘宮(現影向寺)に春日宮建造物の移転、大和春日宮より御神体を分祀勧請し春日新宮と命名し玉川より玉の霊石、有馬西明寺より不動の霊泉を帝に捧げられた。また春日新宮の奥の院に薬師寺を建立し施薬院で不動の霊泉を常備し人民の救済を行う。また、先にみた役行者の祖小角の発願によって有馬龍宿山に安置された不動堂の御堂は、有馬西明寺と命名されたようである。
                    (現在の有馬不動堂付近の略図・旧有馬西明寺跡↑)
858年
(天安2年)
影向寺に慈覚大師が薬師如来像(現在 国指定重要文化財)を造立
947年
(天暦元年)
村上天皇罹病(疱瘡)霊泉にて全快する。 (国史年表・武州有馬不動尊霊験記)

 村上天皇は侍臣の一人から有馬不動の霊泉にて阿部内親王の病気が治癒した故事を聞き奉幤使を遣わせ春日新宮に参拝、霊石を祈禱し、当時天下に轟く名声をもって聞こえた有馬西明寺の不動の霊泉(誠の泉)を汲み上げ、朱雀上皇並びに村上天皇に献上した。上皇並びに帝はこれを服用したところ、たちまち病が平癒した。
1063年 源家により八幡宮建立。

 源頼義により鎌倉由比郷へ石清水八幡宮(現在の鶴岡八幡宮)が建立され、
後の1087年頃から源義家により、現川崎市内の各地に八幡宮が建立される。
1256年 北条時頼(赤班瘡)霊泉にて全快する。 (霊験記・新編武蔵風土記・寺院伝説)

 鎌倉幕府の五代目執権時頼は、赤班瘡(麻疹の一種)に罹ったが有馬西明寺の霊泉に浴し専ら治療に専念し、霊泉のお陰で病は驚くほど順調に回復、その効能の聞きしに勝る効き目に驚嘆した。
1257年
(正嘉元年)
八月二三日、関東に大地震が発生する。(国史記録・霊験記・風土記・伝説)

 この地震により有馬西明寺の堂宇も殆どが倒壊し、霊泉も振動によって激しく揺さぶられ湧泉が止まってしまう。後の修理により湧水を取り戻したが、もはや普通の水しか出なかった。この霊泉の跡地には現在も安永年間作の不動明王像等が置かれ村人や近所の人たちの祈祷の水垢離場として今に残っています。
1258年 入道時頼が発願主、大檀越となり有馬西明寺を再建する。
1433年
(永享5年)9月
相模国を中心とした大地震が起こり1258年に再建した有馬西明寺は再び倒壊してしまう。
1444~
1449年
(文安年間)
有馬西明寺、不動尊・お堂を有馬へ残して小杉に移る。

 この時期は室町幕府の施策に対して各地で土一揆が続発し統制も乱れていた事から倒壊した有馬西明寺を再建しようと考える豪族は地元から現れなかったが、放置されている状態を見かねた元有馬から小杉に移住していた豪族達によりこれを小杉へ移築・再建した。これにより有馬西明寺は小杉西明寺と呼ばれるようになった。
1963年
(昭和38年)
6月21日
創業者安岡孝が八幡大神のお告げを受ける。 安岡孝・当時の日記・記憶より

 東京都港区にて工場を営んでいた安岡孝は、夢中にて遥か東方から鳥帽子を冠った白衣の翁が現れ、やがて白い美しい光の玉となって西方に向かうと思うと、スーッと胸の中に入るようにして消えるのを覚え目が覚めた。これは何かの霊感だと思い、予てから工場移転の適地を探し易者に相談していたのでこの事を話すと、『八幡大神のお告げであろうから、西の方角において良い土地が発見されるだろう』と判断された。八幡大神は孝の両親が深く信仰していた神で、父晴男が存命中の九州博多に居住していた頃、菅崎八幡宮に母に連れられてよく参拝したことがあり、これこそ何かの因縁であろうと熟考の末、西の方を目指して適地の探索を始めた。
凡そ半年後に導かれるようにしてこの有馬の地にて八幡大神の御姿絵を拝し、これぞ御神示による土地と確信し、此処に移転を決意したのである。
昭和40年
7月27日
八幡の神告により安岡孝氏が霊泉源を発見する。

 当時、有馬の地はまだ上水道が整備されていなかったので、水を得るために井戸を掘ったところ、待望の水が湧き出たのである。始めは青く濁った水が湧き出して臭いが酷く飲用には適さなかった。(是が後の泉源となる。)
昭和41年 有馬療養温泉の設立

 青く濁っていた水は半年ほど汲み出しを行うと稍く澄んで来たので、これで風呂をわかすとたちまち赤黒い色になった。気持ちが悪かったが是に入浴すると、疲れが消えたように感じられ、浴後は爽快を覚えたのである。その上、持病のリューマチで苦しんでいた妻のヤエ子が何度か入浴するうちに体の痛みが次第に消えていった。不思議に思った安岡孝はその後、保健所・神奈川温泉地学研究所・財団法人中央温泉研究所に詳細な水質検査を依頼し良質な鉱泉であると判明する。
 安岡孝氏は、病に苦しんでいる方が一人でも少なくなるように、少しでも良くなってくれるように、との思いから希望者に有馬療養温泉と命名し、温泉風呂の無料開放を開始する。また、同年10月21日(毎日新聞)、22日(サンケイ新聞)両紙に温泉無料開放の記事が掲載され、連日大勢の方達が訪れるようになる。
昭和43年
2月9日
温泉敷地内に八幡宮の建立

 由縁のある鎌倉の鶴ヶ丘八幡宮の御霊の御分譲を受け、毎年9月9日を祭日として神殿を新築奉祀し御神徳を拝謝する。(後の昭和55年以降の影向寺歴史調査により、この土地はかつて有馬西明寺が建立されていた場所であり、戌の神や八幡大神も祭祀されていた事がわかり因縁を深く感じる事となる。)
昭和43年
4月
有馬療養温泉旅館の設立創業当時の有馬療養温泉旅館

 2年以上にわたり温泉を無料開放してきたが、その効能豊かな温泉により毎日入りきれないほどの人が殺到するようになり、温泉に入りきれない方達まで出て来てしまった。このままではと思い設備を整えて宿泊も出来るようにし『ここは病気に苦しむ人たちに与えられた場所』との信念を元に温泉療養施設としての営業を開始する。
昭和43年
9月9日
誠の泉 有馬西明寺不動の霊泉は『霊光泉』と命名される。

 当時の厚生大臣・園田直氏がたびたび御来浴されて、この万病に効く霊泉をとてもお気に召され『霊光泉』(りょうこうせん)と命名、皇后陛下に献上され記念碑が敷地内に石碑として祭られる。
昭和63年 武蔵の極み 影向寺史の発刊

 影向寺史の発刊にあたり資料収集の為、著者が有馬療養温泉を訪れ『温泉で金にまつわる様な物や話は御座いますか?』と質問を受けた。当時から鉱泉井戸の表面に虹色の膜が張っており輝いて見えていた為、亀ヶ谷さんに鉱泉を見ていただくと大変驚かれた様子であった。この地の歴史の中に西明寺の霊泉として、世の人を救った霊泉があったと古文書等に記されており、その霊泉は『撒かれた場所が光り輝いて見えた』事、汲み置いて一定時間がたつと、表面に金色の膜が張り『黄金の水』と呼ばれていた。この地には以前有馬西明寺があり、旅館の敷地は当時西明寺の境内であった等の事であった。この事から当時の霊泉と現在の鉱泉脈が同じであろうと伝えられ、霊光泉の1300年以上にわたる歴史を知ることになった。




HOMEへ | 有馬不動霊光泉 | 宿泊のご案内 | 湯治滞在 | ビジネス・団体 | 日帰り温泉 | 人に優しい宿 | 交通案内 | 周辺案内 | 今昔物語

有馬療養温泉旅館 〒216-0002 神奈川県川崎市宮前区東有馬3-5-31 TEL044-877-5643 FAX044-855-1271